政治・エンタメ・スポーツ・科学…。毎日増えるアンケート。

現在のアンケート総数:850

文明を消滅させるほど大規模な火山の「超巨大噴火」が最後に起きたのは今から約2万5000年前とされているが、この種の噴火は平均で1万7000年ごとに発生するとの最新の推算結果が地球惑星科学の専門誌「Earth and Planetary Science Letters」に掲載されました。
関心がありますか?


投票は1日1回

海外からの投票はご遠慮いただきます。

カテ: 科学

期間:2017-12-02 ~


NO (5 6%)
YES (81 94%)
全期間
NO (0 0%)
YES (0 0%)
過去7日間
NO (0 0%)
YES (0 0%)
過去24時間
一言どうぞ ”文明を消滅させるほど大規模な火山の「超巨大噴火」が最後に起きたのは今から約2万5000年前とされているが、この種の噴火は平均で1万7000年ごとに発生するとの最新の推算結果が地球惑星科学の専門誌「Earth and Planetary Science Letters」に掲載されました。 関心がありますか? ”
内容によって予告なく書き込みを削除する場合があります。 



リアルタイムアンケートのoxz.jp


Copyright oxz.jp all rights reserved.